ウィッグの歴史

ウィッグがいつどのようにして生まれたのかをご存知でしょうか。大体の方はウィッグのことを、男性用カツラから派生した女性向けカツラだと思っているのではないでしょうか。 しかし実際には違います。ウィッグの歴史は思ったよりも古く、最初に登場したのはなんと今から1000年以上前です。いわゆる平安時代の文献に、貴族の女性たちが女性用のカツラをつけている、という記述が残されているのです。 とは言え、ウィッグとしての流行が正式に始まったのは、平安時代からかなりの時間が経ったあとの、1980年代だと言われています。 そこからウィッグは様々な形に派生しており、今まさに最盛期を迎えている印象です。この最盛期は恐らくはこれからも続いていくことになるでしょう。

かつてはウィッグをつけることが恥ずかしいという風潮があったような気もしますが、最近ではそうした風潮はなくなってきたように思えます。時代が進むにつれて、世間の人々が寛容になってきているのかもしれません。 そのような世間になってきたこともあってか、今の時代は外を歩けば数多くのウィッグ愛好者を確認することができます。 ウィッグを取り扱う美容院が増え始めていることもあり、もはやそれを入手するのは難しいことではありません。欲する心さえあれば、誰でも簡単に手に入れることができるのです。 恐らくはこれから来る新しい時代においても、ウィッグは人々の生活に欠かせない重要なアイテムの一つとして名を連ねることになるでしょう。